バイナリーオプションの用語

バイナリーオプションでよく使われる基本的な用語の説明をします!

バイナリーオプション

2つのうちから1つを選択してくださいと言った意味です。バイナリーオプション=二者択一

 円高

円の価値が高いと言う意味。円高のときに海外旅行に行くと通常よりも物が安く手にはいります。

 円安

円の価値が安いと言う意味。円安のときに海外製のものを購入する場合普段よりもすこし高くなります。

 チケット

バイナリーオプションをする場合、最初にチケットと言うものを買います。チケットの値段はそれぞれ選択することができます。その後、予測が当たれば約2倍のペイアウト(払い戻し)をしてくれます。

 all or nothing(オールオアナッシング)取引

「すべてあり」か「すべてなし」になる事です。バイナリーオプションの別名とも言われています。

 HIGH・LOW(ハイロー)型取引

選択した銘柄が指定されているラインより「円高」か「円安」なのかを予測する方法です。

 ワンタッチ型取引

判定時間の間に定められたレートにタッチするかしないかを予測する取引方法です。

 レンジ型取引

レンジ型取引とは判定時間の間に定められたレンジの中で収まっているかどうかを予測する取引方法です。

 権利放棄

判定時間の前であれば購入したチケットの取り消しができる事をいいます。最近では、この権利放棄が出来るバイナリー業者はほぼなくなりました。

 途中清算

判定が終了する前に途中で精算(売却)することです。価格は、その時のレートによって変動しています。途中精算する事で、プラスになる場合もマイナスになる場合もあります。

 ペイアウト倍率

払い戻し倍率の事です。これは取引方法や会社により異なりますが1.01倍~20倍などさまざまです。

 チャート

為替の動きを線やグラフなどであらわしたものです。月・分・日などさなざまな視点から見ることができます。

 ローソク足

ーソク足は、相場の動きタイミングごとに「始値」「終値」「高値」「安値」を示す棒状グラフの事です。

 「始値」

その日や週や月で最初に取引をされた相場のこと

 「終値」

その日や週や月で最後に取引をされた相場のこと

 「高値」

その日や週や月でもっとも高い株価の事

 「安値」

その日や週や月でもっとも安い株価の事

 トレンドライン

安値と安値を結んだ線、もしくは高値と高値を結んだ線をトレンドラインと呼びます。

 経済指標

経済活動を数値化したものです。重大な経済指標時には相場が大きく変動することがありますので要チェックです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です